40代から!手の甲の乾燥とヒリヒリは要注意!老化対策が大切!

 

ここでは、40代を過ぎた方で、手の甲の乾燥やヒリヒリへの対策について、詳しく紹介していきます。

 

 

主婦の方は、家事をする機会が多いので、手が濡れる機会がどうしても増えますね。

 

同時に、手も酷使されるので乾燥しやすかったり、乾燥することによって肌のお悩みが増える方も。

 

家事は毎日のことですから、きちんとお手入れしないと、トラブルが積み重なってしまいます。

 

 

「シワ」「赤ぎれ」「湿疹」など、見た目が良くないだけでなく痛みもともなうことも!

 

 

手の甲の乾燥やヒリヒリなどのトラブルを避けるには、毎日のお手入れが大切になってきます。

 

顔の次に、人目に触れやすい手元。

 

キレイでいるために、その方法を紹介していきます。

 

※⇒あなたの手をふっくらハリのある若々しい手へ導く秘密とは?

 

 

手の甲の乾燥やヒリヒリと痛むのはどうして?対策は?

 

手の甲が乾燥する・ヒリヒリと痛むという方は、乾燥が進行してしまっています!

 

赤みをともなう方もおられるかもしれません。

 

放っておくと、赤ぎれになってしまうかもしれません!

 

 

手が乾燥するために、痛みや赤みが出てきてしまうので、保湿をきちんとすればOK!

 

では、どうして手が乾燥するのでしょうか?

 

原因となる項目を下記に紹介しますので、確認してみてください。

 

 

<手の甲が乾燥する原因とは?>

 

・水仕事をする際に、お湯や洗剤を使うことによって手肌の皮脂が落ちる
・空気が乾燥するため
・肌の血行不良(寒さ・冷え等)によって、皮脂の量が少なくなる
・紫外線によって肌が刺激を受ける
・女性ホルモン(若々しい肌に必要不可欠)の分泌量の低下
・アルコール消毒

 

 

これらの原因について、きちんと対策すれば、手が乾燥してヒリヒリと痛むことが解消できます。

 

ひとつずつ、見ていきましょう!

 

●水仕事の際には、ゴム手袋を着用しよう!

 

水仕事で、水や洗剤に触れると、手の皮脂が落ちたり、手についた水分が蒸発して、手の肌の乾燥が進行して、ヒリヒリと痛みをともなってしまいます。

 

できれば、水仕事の際にはゴム手袋を使うようにしましょう。

 

 

ゴム手袋を使うことができない場合は、水を使った後は水分をきちんとふき取りましょう。

 

自然乾燥すると、肌の水分が蒸発する際に、手の肌の水分も蒸発してしまいます。

 

水仕事の後には、ハンドクリームを塗ると、手が保湿できるので、さらに良いですね。

 

●寒い・冷えるは、手の乾燥につながる!

 

寒くなってくると、手が冷える方も多いですね。

 

冷えると、血流が悪くなり、肌が乾燥してしまうんです。

 

血流が悪くなると・・・

 

・肌に栄養が届きにくくなる
・肌を守る保護機能・肌の生まれ変わり(ターンオーバー)にも影響する

 

 

寒い時に、手が冷えることは避けられませんが、手袋を使うなどしてできるだけ冷やさないように気を付けたいですね。

 

●空気が乾燥すると、肌も乾燥する

 

空気が乾燥すると、肌も乾燥しますよね。

 

寒い季節は暖房、寒い季節はクーラーと、一年中、肌が乾燥しがちです。

 

湿度は40%以上を目安に、加湿にも気を付けましょう。

 

●女性ホルモンは、綺麗な肌に不可欠です!

 

女性ホルモンには2種類あります。

 

・プロゲステロン
・エストロゲン

 

「プロゲステロン」は、妊娠を補助する働きがあり、「エストロゲン」は、女性らしい肌・体つきに関係します。

 

肌に関係する女性ホルモンは「エストロゲン」というわけですね。
エストロゲンは、別名「美肌ホルモン」とも言われていて、コラーゲン生成を促進して、肌にハリを与えてくれます。

 

美肌に嬉しい女性ホルモンは、加齢により分泌量が減少してしまいます。

 

30代を境に、40代、50代と年を経るほどに分泌量が減少してしまうんです。

 

 

悲しいですね。

 

 

加齢によって、手が老化してしまうのはこれが原因です。

 

手の老化とは、肌の乾燥・シワ・肌のハリがなくなる・手の甲の血管が目立つなど。

 

心当たりがある方もおられるかもしれませんね。

 

 

エストロゲンの分泌量減少は避けられないことですが、「生活習慣」と「食生活」に気を付けることにより、分泌を促進することが可能です!

 

<生活習慣>

・睡眠時間をきちんととる
・軽い運動(ウォーキング等)を続ける
・体を温めて血流を良くするために、朝にシャワーを浴びる・ストレッチ・体操をする
・夜のお風呂は、湯船で体を温める

 

 

<食習慣>
・体を冷やさないように、冷たい食べ物・飲み物を食べたり飲みすぎない
・動物性ではなく、質の良い油をとる
・朝食は、アミノ酸やポリフェノールが多く入っている献立(味噌汁等)を心がける
・昼食は、たんぱく質、炭水化物、ビタミン、ミネラル、植物繊維などをバランス良く食べる
・夕食は、満腹ではなく、腹八分目を心がける
・豆類を食べる
・ビタミンE(アーモンドやアボガド、カボチャ、大根葉)やビタミンB6(バナナ、ピスタチオ、酒粕、にんにく)が多く入っているものを食べる
・鉄分、カルシウム、ミネラルがたくさん入っているもの(デーツ、干しブドウ、プルーン、ナッツ類等など)を食べる

 

 

どれも、美肌のためだけではなく、健康にも良いことばかりですね。

 

一度に全部やろう!と思っても長続きしませんから、少しずつ始めてみると良いですね。

 

●紫外線は、肌にダメージ大!

 

紫外線が肌にあたると、肌の内部にまでダメージを与えてしまいます。

 

肌を守っているのは「角質」と「皮脂膜」なんですが、紫外線により皮脂が酸化し、肌を守る機能が低下してしまうんです。

 

すると、肌が乾燥して、肌トラブルを受けやすくなってしまいます。

 

できるだけ紫外線に触れないようにするには、「日焼け止め」「手袋」が効果的ですよ。

 

●アルコール消毒

 

除菌の為に、アルコールを掃除に使ったり、手を消毒する方も多いかもしれません。

 

少しなら問題ありませんが、1日に何度も触れることがある方は注意です!

 

手をアルコール消毒すると、手の皮脂を落として、アルコールが蒸発する際に水分まで失われてしまうんです。

 

職業柄、看護師の方に手荒れの悩みが多いそうですよ。

 

 

手の老化が気になる方は気を付けて!

 

手が乾燥している、ヒリヒリと痛みを感じる、それだけではなく、

 

「加齢により、肌の老化が気になる」
「年齢よりも、肌の老化が進んでいる」

 

これらの症状を感じている方は、手の乾燥だけでなく、手の老化も進んでしまっている状態!

 

何も対策せず、そのまま放っておくと、おばあさんのような手になってしまいます!

 

老化が進んでしまっては、綺麗な肌に戻すのに時間がかかってしまい大変なことに!

 

手の老化を実感している方は、すぐにエイジングケアを始めてくださいね。

 

 

どうすれば良いかわからない・・・。

 

そんな方に、手軽な方法を紹介します。

 

 

それは「手のエイジングケア用ハンドクリーム」を使うこと!

 

市販のハンドクリームは、保湿には優れていますが、老化が進んでしまった肌を若返らせるには時間がかかってしまいます。

 

それならば、手のエイジングケアの為に作られたハンドクリームを使って、効果的にケアするのがオススメ!

 

いつものハンドクリームと同じように、毎日ハンドクリームを塗るだけだからカンタンだし、1日2回で良いから手軽ですね!

 

興味がある方は、下記のリンク先をチェックしてみてくださいね。

 

★⇒⇒手の乾燥&手のエイジングケア専用ハンドクリームの詳細を確認する!

 

 

まとめ

 

手が乾燥してヒリヒリ痛む方は、手の保湿をして乾燥から肌を守ることが大切!

 

肌の乾燥の原因やケアの方法について紹介してきましたが、これなら始められそう!というものから始めてみてください。

 

 

でも、手の老化を実感している方は、老化が進んでしまうと大変!

 

なるべく早く、手の老化ケアも始めることをオススメします!